40'sおやじの飽くなき挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS 第7回 小江戸大江戸200k完踏記 〜大江戸編その1〜

<<   作成日時 : 2017/03/24 00:21   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

小江戸大江戸から早3週間近く経ってしましました。
早くレポまとめないと忘れちゃいそうです。

と言う事で、小江戸編からの続きです。

さてさて、思いついた作戦とは・・・シューズを履きかえる!

たまたま、川越までの移動に履いてきたシューズが、2015年〜2016年の2年間に渡り、ウルトラで履き倒してきたadidas glide boost。
2年間、ウルトラに投入してきたので、アウトソールはすり減っているし、boost機能も衰えているだろう。
しかも、帰りに履きやすいように、このシューズにもキャタピランを装着してきちゃった。
画像


現状出ている、左足のつま先と右足の甲の痛みを緩和する為にはこれしかない。
でも、クッション性を失い摩耗しているシューズを履くことにより、別の痛みが出る可能性もある・・・
どうしようか?
よし、一か八か履き替えてみよう!
そう決断しました。

早速、今朝自分で置いた棚に荷物を取りに行く。
あらかじめ夜用の荷物は、分かりやすいようにバックの中に小分けにして整理してあるのだ。

まずは、モバイルバッテリーでガーミン735TXJの充電開始。
その後、夜用の装備に換装開始。

汗でかなり濡れている上は着替える。
下はそれほど汗をかいていないので、着替えずにそのまま行きます。
リフレッシュの為、ソックスは履き替える。
ついでに、ワセリンを塗る。
約90km走ってきて、かなり肩が凝っているので、不安な腰とともに肩にもサロメチールを塗る。

持ち物もチェック。
・地図を大江戸用に交換。
・予備の電池
・明日の日中、暑くなる予報なので半袖Tシャツ(おっT)
それ以外は、小江戸からほぼそのまま流用しました。

着替え終わって、カップラーメンで補給。
さっぱりのシーフード味が疲れた胃袋にやさしい。
エナジードリンクのRAIZINを1缶、眠気覚ましに飲み干す。
全然眠くないんですけどね(笑)
画像


カップラーメンを食べながらガーミンの充電状態を確認すると充電できていない。
???なんで???
何回か接続し直したりして充電できるようになりホッとする。
左手は、ガーミン735XTJで計測しながら充電続行。
保険として、もしもの為に持ってきたガーミン310XTを右手に巻き、新たに計測を開始することにしました。

トイレ小を済ませて、エイドスタッフにお礼を言って、行ってきます!と元気に歩いて出発。
同時にガーミン310XTをスタートさせる。
正確な時間は分かりませんが、30分以上かけて準備+補給をしていたと思います。
いつもながら、再スタートするまでに時間がかかるな〜(笑)

カップラーメンでお腹一杯なので、川越の街中は走らずに早歩きで進む。
途中、何人かの小江戸大江戸仲間が元気に走って追い抜いていく。
抜かれる時には、お疲れ様です!と声をかける。

新宿北交差点の歩道橋を渡り、川越街道に出たところでゆっくりと走り始める。
このシューズで走る予定では無かったので、キャタピランを通しただけの状態。
ちょっと走っては、キャタピランの調整。
両足の甲や足首部分を締めたり緩めたり。
しっくり来るところを探しながら進む。

川越から次の新宿成願寺エイドまでは約36kmもあり、小江戸大江戸の中で一番嫌いな区間です。
細かく目標設定をして先を目指して行こう!

まずは、約14km先の英(はなぶさ)IC。
川越から英ICまでの間に、中央分離帯が広い場所が3ヵ所あります。
この、広い中央分離帯を数えながら走ったり歩いたり。

ヘッドライトとハンドライトの2灯流で細くて凸凹歩道を攻略していく。
例年より前後にランナーがいない時間が長い。
ず〜っと単独走だ。
大勢で話をしながら走るのも楽しいですが、普段走らない夜間は、単独走で非日常の雰囲気を楽しむ方が合っている気がする。

コンビニで飲み物と食べ物を補充し、ついでにトイレを借りながら進む。
途中に私設エイドを出してくれている方々がいました。
確か、温かい飲み物を頂いたと思います。
ありがとうございました。
画像


ガーミン735XTJの充電状況を確認すると70%まで回復してきた。
よしよし。

英IC付近からしばらくコンビニがないので、もしもの為の食料として、おにぎり2個を購入。

順調に、広い中央分離帯を1つ、2つ、3つと数えて、下りになると英ICはすぐそこだ。
22:00前に英ICに到着。

一つ目のトンネルをくぐると、私設エイドがありました。
こんな時間にありがたい。
その中に、くみさん発見。
明日も秋ヶ瀬でエイドスタッフをしてくれるとの事。
ありがとうございました。
明日の再会を誓って先を急ぐ。
次の目標は、約8km先の和光陸橋だ。
画像


2つ目のトンネルをくぐり、左手の階段を上ると、川越街道の右側の歩道に出る。
再び、ガーミンの充電状態を確認すると、先ほどと変わらず。
しかも、充電状態になっていない。
何度もケーブルを抜き差ししたり、モバイルバッテリーのボタンを押したりしても反応なし。
モバイルバッテリーをフル充電してきたのに、もうバッテリーが空になってしまったようだ・・・。

このままだとゴールまで持たないのは確実なので、通しでのログ取得は諦めて、一旦735XTJでの計測は終了する事にしました。
上手くいけば310XTがゴールまで持つはずだ。

武蔵野線の高架をくぐり抜けて、淡々と進み自衛隊朝霞駐屯地を通り過ぎる。
さらに進むとようやく和光陸橋が見えてきた。
その手前でも私設エイドを開いてくれていました。
出来上がったばかりのトン汁を頂く。
温かくて胃袋に染み渡る。
旨い!
ありがとうございました。生き返りました。
と、お礼を言って先に進む。
画像


和光まで来ると東京は目の前だ。
東京都に入っても、成願寺まではまだまだですが・・・
さてさて、次の目標は約9km先の熊野町の交差点だ。

成増に入ると歩道の凸凹は少なくなり急に明るくなる。
夜中なのに駅前だからなのか、歩行者が大勢いて東京に入ったことを実感する。

以前、なか卯の協賛があった時は、成増のなか卯に寄った事を思い出す。
同じことを考えているランナーでごった返していたなぁ。

なか卯の事を考えていたらお腹が空いてきたので、英IC手前で買ったおにぎりを一個補給。
長い距離を走るときは、約1時間毎にお腹が空くんですよね(笑)

スポドリがなくなったので、コンビニにピットイン。
スポドリの他、R1ヨーグルトドリンクを1本。
強さを引き出してもらおう!

順調に環八、環七をクリアしようやく熊野町交差点。
長い長い川越街道に別れを告げて山手通りに入る。
いよいよ、成願寺ASまであと6kmだ。
右折してすぐはダラダラと緩やかな上り坂なので当然歩く。

この辺から、大江戸ナイトランの選手が続々と追い付いては抜いていく。
軽快な足取りだ。
ナイスラン!と声をかけて、自分もちょっと頑張る。

やはり、例年通りここまで来るとかなり疲れてきました。
信号待ちの度に、近くの電柱やガードレールを使って背中を丸めたり伸ばしたり、アキレス腱を伸ばしたり。
またまた、お腹が空いてきたので最後のおにぎりを1個頬張る。

幸いにも走っているときは、夜中でも眠くならない体質です。
普段は、暗くなるとすぐに眠くなるのに不思議だ。
きっと、非日常の夜間走にワクワクしているんだろうな。

緩やかなアップダウンを数回繰り返し、前方に誘導灯の赤い明かりが見えてきた。
やっと着いた。

◆3/5 1:17 128km地点 成願寺AS到着

誘導スタッフにお疲れ様です!と声をかけながら地下にある室内へ。
室内が暖かいので一気に眼鏡が曇る。

リストバンドをピッ!としてから、鹿肉カレーを頂く。
旨い!少し気持ち悪い気がしたので食べられるか心配でしたが、程よい辛さと香辛料が効いていて一気に食べてしましました。
一応、念の為に胃薬も飲みました(笑)
さらに、RAIZIN、イミダの力でエナジーチャージ!
画像


ここ成願寺ASまで、例年とそれほど変わらない時間で到着し順調だ。
もちろん、いろいろな所が疲労していますが、幸いにも心配していた腰は小康状態を保ったまま。
小江戸で発生した足のトラブルもシューズを履き替えたことにより解決。
この先、何もなければ良いけど・・・

エイドスタッフにお礼を言って外に出る。
室内が暖かかったので外の寒さが身に沁みる。
夜も更けてさらに気温が下がってきましたが、動いている分にはそれほど寒くない。
ウインドブレーカー等の上着は着込まずにそのまま行きます。

いよいよこの大会のお楽しみ、真夜中の東京観光に出発だ!
ワクワク(^▽^)/


その2へつづく


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎回、毎回凄いですね。
継続参加しているとレース選手
や大会スタッフ、応援者など
顔なじみいて、声をかけたり
掛けられたり、本当に皆さん
楽しみながら、大会を盛り上げ
ゴールに導き、ゴールを目指して
いるのが、よく分かります。
だから、その魅力に魅せられ
きついウルトラにチャレンジする
のですね。私には、、、、(笑)。
続き、頑張って下さい。〜🏃
晴走雨楽 風の又三郎
2017/03/25 09:40
>風の又三郎さま
コメントありがとうございます。
ウルトラの世界は狭いので、いろいろな大会で知り合いが増えていきます。
さらに、おっTのお陰で声を掛けてもらえて疲れが吹き飛びます。
40sおやじ
2017/03/26 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
第7回 小江戸大江戸200k完踏記 〜大江戸編その1〜 40'sおやじの飽くなき挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる