40'sおやじの飽くなき挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS coast to coast 房総半島横断70K 〜試走記 4回目〜

<<   作成日時 : 2016/12/25 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

【4回目 12/4 うぐいすはし〜白狐峠〜小鋸山〜鋸山林道口】

白狐地区から鋸山へ抜けることができずに悔しい思いをしたので、ネットで調べて再チャレンジ。

金谷のフェリー乗り場に車を停めて、林道金谷元名線をひたすら上る。
画像

画像

画像


約5q走ると、竹岡線との分岐がある。
左が竹岡線。
右が保田方面の金谷元名線。
画像


この竹岡線の分岐近くに山の中に入っていく山道がある。
画像


踏み跡を頼りに進みますが、どこかで間違ったみたい。
それでも、なんとか麓まで降りてきた。
画像


思っていた地点とは違いますが、白狐地区へたどり着いた。
ここから、うぐいすはしを目指して舗装路をゆっくり走る。
画像


金網が開いているので躊躇なく中へ。
林道 奥野線の標識がある。
画像


一応、踏み跡はありますが、雑草が太ももの高さまで生い茂っている。
画像


途中、2つの小川を超える。
画像


ススキに覆われた上りを超えると開けたところに出た。
ここが白狐峠だ。
前方には千葉のグランドキャニオンの絶景が広がっている。
画像

画像


ここから右手の土手に上っていく。
画像


小鋸山の裏手から、張られているトラロープを頼りに上る。
画像


ようやく上りきると狭い小鋸山のピークに到着。
辺りを見回すと紅葉した山々がきれいだ。
画像


このピークで休憩&補給。
画像


眼下には、千葉のグランドキャニオンの絶景が広がっています。
画像


小鋸山からは、すぐ横は断崖絶壁の危険な道。
足を踏み外さないように慎重に進む。
両手を使って、崖を上るようなところも出てくる。
写真じゃ分かりづらいですが・・・
画像

画像


途中、尾根を分断する切通が出現。
ネットで見てここに来たかった。
ここは、以前白狐地区と保田地区を結ぶ道があったそうです。
いまでは、この切通だけで道らしきものは見当たりませんでした。
画像

画像


鋸山への案内板。
画像


ようやく、鋸山林道口付近に出た。
こちら側の案内板はこんなに小さい。
こりゃ、見逃すわ。
しかも、下に危険の文字が見える。
画像

画像

画像


林道口から鋸山へ。
画像


鋸山山頂到着。
ハイカーの方に撮っていただきました。
鋸山に入った途端、たくさんのハイカーさん達と会えました。
群界尾根では、ひとりも会わなかったのに。
画像


展望台からの眺め。
ここもハイカーさん達でいっぱいです。
画像

画像


下山は車力道。
途中の石切り場はいつ見ても圧巻です。
画像

画像


金谷の街に下りてきました。
黄金アジで有名なさすけ食堂は、長い今日も行列ができていました。
画像


ひょうんな事から始めた試走ですが、色々調べて見つけた群界尾根に興味津々。
山を走ったり、歩いたりするのは脚力アップになるので、地図読みができるように勉強して、もっと先の方も行ってみよう。
新たな楽しみを見つけました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
試走+α お疲れ様でした。鋸山トレランは毎回のようにコースが変わっていますが,郡界尾根は嵯峨山の手前の少しの区間を除いてまだコースになっていないと思います。
唯一,5回大会で行なわれた「アドベンチャーラン」で林道口(鋸山峠)から小鋸山を経由して白狐峠までが採用されていました。
小鋸山からの眺めも素晴らしそうですし,その先の嵯峨山までのルートから,6回大会でコースに加えられた「鎌倉古道」(大会中止のため幻のルート)も走ってみたいですね。コース設定のボラに参加した方が鎌倉古道はかなりいいトレイルだと聞いたことがあります。
鈍足親父
2016/12/27 11:00
>鈍足親父さま
色々と詳しいですね。
鎌倉古道ですか?
なんか興味をそそられますね。
調べて見ます。

先週の土曜日に、道の駅保田小にクルマを停めて、長狭街道〜小保田〜嵯峨山〜白狐峠〜小鋸山〜林道口〜林道金谷元名線〜道の駅保田小行ってきました。
水仙が有名との事でしたが、見頃はもうちょっと先でした。
地図読みが出来ないので、スマホのGPS頼りですが、何回もコースロスト(´>∀<`)ゝ
テープやリボンも頼りにしながら進んでいるといつの間にか目的地とは別の方向に向かっててビックリ(  Д ) ⊙ ⊙
山は奥が深いです。
房総の低山でも侮ってはいかんですな。
今度、色々とお教授くださいm(_ _)m
40sおやじ
2016/12/27 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
coast to coast 房総半島横断70K 〜試走記 4回目〜 40'sおやじの飽くなき挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる