40'sおやじの飽くなき挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS coast to coast 房総半島横断70K 〜試走記 1回目・2回目〜

<<   作成日時 : 2016/12/24 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まったくタイムリーではないですが、房総半島横断70qコースの試走記をアップします。

えちごくびき野100qの前夜祭でたまたま同じテーブルになったO倉さんが12月17日(土)に千葉県で開催される“房総半島横断70K”に参加するとの情報をFBで知ったので、少しでも参考にしてもらいたいのと、どこで応援するのが良いかを確認する為に、勝手にコース試走をする事にしました。
たまたま、11月は大会出場の予定が無いのでちょうど良い。

大会HPでいろいろと情報を確認。
コースは、外房の安房小湊を6:00にスタートして山道、林道を通り、浜金谷のフェリー乗り場に19:00までにゴールしなければならない。
制限時間13時間でアップダウンの多い山道を70q・・・結構厳しそうだ。
そして、かなり大雑把なコース図しか公開されていない。
しかも、千葉のグランドキャニオン部分は通常立ち入り禁止区域。
全コースを完全に試走するのは無理かもしれない。

大雑把な地図だけだと、心もとないので、前回大会に参加した方々のブログ等を参考にして、ある程度コースを把握。
・本格的なトレイルは、元清澄山付近のみであとはほとんど林道。
・前回は、千葉のグランドキャニオンの後、日本寺を通って鋸山を下りるコースだったのが、今回は、林道の金谷元名線を通り、鋸山の裏をぐるっと回って、フェリー乗り場にゴールするコースに変更されている。

また、同じ日に鋸山ラウンドと称して、鋸山周辺を走る15Kと30Kの種目もあるみたいだ。
こちらには、おっT仲間がかなり出場するとの情報もありこちらの応援もしたい。

とりあえずは、70qコースの試走だ。
しかし、70qを1回で走るにはちと長すぎる。
スタートする場所とゴールする場所が違うので交通手段も考えなきゃ。
色々と考えた末、数回に分けて試走をすることにしました。


【1回目 11/13 スタート地点の安房小湊〜清澄寺〜元清澄山〜金山ダム 約25q】

車で鴨川まで移動。
鴨川に車を停めて、電車でスタート地点の安房小湊に移動。
約1.5qの誕生寺へ歩いて移動し、安全祈願と御朱印をゲット。
誕生寺から走り出す。
画像


黄金風呂で有名なホテル三日月の前を通り、セブンイレブンの脇を曲がると先ほど降り立った安房小湊駅。
駅を通り過ぎ、ループ状に上って線路を渡る。
画像


最初は平坦な田舎道。
暫く行くと、じわじわと上りになってきた。
画像


来たことが無い道なので、たまにスマホのGPSを頼りにしながら、内浦山県民の森に無事到着。
この辺から山道に入ると勝手に思っていたのに、ずっと林道だ。
画像


県民の森を通過すると、傾斜が急になってきた。
走れないので、歩きですすむ。
途中、池の畔の紅葉がきれい。
画像


この道は、車も通る林道のようだ。
所々にハイカーに注意の看板がある。
私が上っている間、車は1台も通りませんでしたが・・

ほぼ上りきると、細かなアップダウンを繰り返しながら進む。
暫く行くと分岐点。
清澄寺方面はどっちだ?
スマホとプリントアウトした地図を確認すると、左のゲートが閉じている方に進むみたい。
ゲートが閉まっているので進むのを躊躇しますが思い切って突入。
路面は一部未舗装路。
画像


お腹が空いたので、赤飯おにぎり?を食べながら進む。
画像


この林道の反対側のゲートに到着。
横をすり抜けると目の前が開けて清澄寺に到着。
ここでも、お参りと御朱印を頂く。
画像


少し休憩してから、元清澄山を目指して出発。
ちょっと下った駐車場の向かい側から再び林道が続く。
この先は、時期によって山ビルに注意しなきゃいけない区間みたいだ。
林道入り口には、注意の看板がありました。
画像


暫く林道を進むと、元清澄山方面を指す小さい看板。
ここから、山道に入ります。
画像


暫くは、ふかふかとして走りやすいトレイルが続く。
画像


元清澄山が近づいてくると、上りの階段が多数出現。
しかも数段崩れていて階段じゃ無くなってたりして大変大変。
画像


ようやく、元清澄山に着いたが眺望が無くがっかり。
元清澄山山頂からは下りが続くと思いきや、上ったり下ったりの階段ばかり。
やっぱり壊れているので転落しないように慎重に進む。
画像

画像

画像


金山ダムまで残り3q?位あるはずなのに、左の方から人の声がする。
後で地図を見たらゴルフ場があったみたいです。

一気に下って、ジメジメした感じの所にでたら金山ダムの奥の方。
ダムに沿って進むと赤い橋。
橋を渡りきると、エイドが出る予定のポイント。
画像

画像


真っ暗なトンネルを二つ通過すると、大きな通りに出た。
寄り道したり、お参りしたりしてましたが、ここまで約25qで5時間もかかりました。
画像

画像


大会では、この後45qも走るのか・・・
こりゃ、キツイ。

今日のコース試走は、ここまで。
車がある鴨川駅まで約6qを走って終了しました。
画像



【2回目 11/19 林道金谷元名線〜フェリー乗り場のゴール地点 約12q】

金山ダムから残りを走りたかったのですが、スタート地点とゴール地点が違うために交通手段に目途が立たず。
天気も良くないので、ゴール付近のみをコース試走。

道の駅保田小に車を停めて、林道金谷元名線を鋸山方面に向けて走り出す。
スタート時は、かなりの雨なのでカッパを着込む。
田園地帯を暫く行くと、前方には鋸山が見える。
突き当りを右折し、じわじわと上りが始まる。
画像


鋸山ダムを右手に見ながら暫く進むと、館山道が見える。
館山道の高架をくぐったその先には、日本寺の案内表示がある道が左にある。
去年は、ここを通って日本寺に向かったのかな?と思いながら通過。
画像


小川のせせらぎを聞きながら暫く進むと、右側に立ち入り禁止の道がある。
ここが、千葉のグランドキャニオンと呼ばれる採石場跡に続く道だ。
ここは、左の細い道を上っていく。

車も通れる幅はあるが、路面が荒れていて4輪駆動車じゃないと進めないだろう。
九十九折れを上っていくと、切り通しがあらわれる。
もうちょっと頑張ると、鋸山の林道口に到着。
それほど長くは無いけど、やっぱり上りはキツイ。
ここに、エイドが出るはずだ。
画像

画像


さらに林道を先に進む。
ここからは、下り基調の未舗装路の林道が続く。
雨が降っていたので、霧が発生しているし、水たまりがいっぱいだ。
画像


下り基調だけどたまに上りが出てくる。
走ったり、歩いたり。
館山道や国道が近いからか車の音が聞こえてくる。

舗装路になると林道出口はもうすぐ。
途中に、道端から1本生えているシュロの木が。
ど根性シュロだ!
画像


一気に下ると館山道の金谷インター手前のトンネル前に出てくる。
ここまで来たら、フェリー乗り場はもうすぐだ。
右折し海に向かう。
画像


ループ状の橋を下り国道127号線にぶつかる。
大会の細かいコース設定が分かりませんが、国道に出てすぐにトンネルがあり危ないので、海沿いの公園の中を抜けて、11:30頃フェリー乗り場に到着。
画像

画像


走ってきて暑いのでソフトクリームを食べる。
食べている間にだんだん寒くなってきたので、車がある道の駅保田小に戻ることに。
画像


国道を下ると保田に行けるのですが、トンネルが狭いし歩道が無くて危ないので鋸山を登ることに。
とりあえず、車力道コースで行くか!
画像


セブンイレブンの脇から金谷駅を通り過ぎて登山道へ。
今日は天気が悪いせいか、今までもこれからもハイカーには一人も会わずちょっと寂しい。

昔、切り出した岩を運んでいた道が車力道。
その名残が至る所にあります。
画像


頑張って上って、石切り場跡到着。
そのままスルーします。
画像


石切り場を越えると急な階段が続く。
普段は、ここからの眺めは絶景です。
今日は生憎の天気なので期待していなかったのですが、低い雲が立ち込めていて雲海がきれい。
雨の日も捨てたもんではありませんでした。
画像


鋸山展望台にも立ち寄る。
ここからは海が良く見えるはずですが、雲海に遮られていて残念ながら海は見えず。
その代り、雲海が広がっていて最高!
画像


さらに進み鋸山山頂到着。
途中、いのしし注意の看板あり。
画像


無事に東の肩を通過し先ほど通った林道口到着。
ここから、道の駅保田小までは下りオンリー。
とは言え、路面状況がよくないので足を痛めないようにゆっくり下る。
画像


舗装路に出てからラストスパート。
`5分を切って、道の駅保田小ゴール!

雨と汗で全身ビチャビチャで寒い。
幸いにもここには、お風呂がある。
それもあって、雨にもかかわらずここを走ることにしたのでした。

1階にある受付で500円を支払い、入口のカギを開ける番号をもらい2階にあるお風呂へ。
暗証番号を入れて無事に扉を開ける。
ちょっと狭いですが、新しいだけあってとてもきれい。
画像


先客は一名。
私が身体を洗っている間に出られたらしく貸し切り状態でした。
天気が良ければ、多くのハイカーの方々がいるかもしれません。

道の駅保田小をベースにまた走りに来よう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
coast to coast 房総半島横断70K 〜試走記 1回目・2回目〜 40'sおやじの飽くなき挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる