40'sおやじの飽くなき挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS 第19回雁坂峠越え秩父往還145q走 〜奮闘記 CP6〜ゴール まで〜

<<   作成日時 : 2016/10/05 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

出る!と噂される真っ暗な正丸峠に向けて2人で出発。

さっき暖かいカップラーメンを食べたばかりなのに、震えがくるほど寒い。
ちなつさんも寒そうだ。

食べたばかりでお腹いっぱいなので、予定通り、走らずに早歩きで体温を上げる作戦。
両腕を大きく振ってガシガシ歩く。
歩きながらおしゃべりタイム。

100qを越えてかなりの疲労感はありますが、二人とも動けている。
眠くないですか?
ちなつさんに聞くと大丈夫です。との答え。
過去、夜中走っても眠くならなかったそうです。
捻挫した所や、膝の痛みも何とか誤魔化せているみたい。
これは、安心材料だ。

約2qの上りを終えて前方に街灯の明かりが見えてきました。
正丸峠に到着。

なんと、ここに私設エイドを出してくれている方がいました。
さっき、カップラーメンを食べたばかりでしたが、冷えていたのでお味噌汁を頂きました。
こんな時間にありがとうございました。
画像


正丸駅にあるトイレがきれいだよ!との情報ももらい、次の目標は正丸駅に決定。
いよいよ下りに突入です。

雨と霧でヘッドライトの光が反射されて視界がかなり悪い。
路面も荒れているので思ったほどペースが上がらず。
後ろについている、ちなつさんの呼吸、足音を聞きながら、歩くタイミングを感じとる。

ちょっと歩きますか?と声をかけると、もうちょっと行きます!と返される事もしばしば。
追い込まれると、女性の方が強いな。

ようやく、車の音が聞こえ始め、R299号線が見えてきた。
標高が下がってきたせいか、温かくなってきた。
雨もほぼ止んでいます。
かなり、呼吸が苦しそうですが、ここまでほとんど歩きを入れず走って来られた。

R299に出て、深呼吸と肩甲骨を回しながら暫く歩く。
すぐに、つづきのこべさん達が追い抜いて行きます。
さすが、こべさん良いペースだ。

呼吸が落ち着いてきたところで、じゃ、ゆっくり走りましょう!
と走り始める。

右前方に明かりが見えてきた。
正丸駅だ。
右折して少し上ったところに駅がある。
すぐにトイレへ。
確かにきれいなウォシュレット付きのトイレでした。
画像


芦ヶ久保以来のトイレですっきり。
次に目指すは、CP7のロックガーデンカフェ。
ここからは、あと約3kmですよ。
頑張りましょう!とゆっくりスタートしました。

順調に下っていると、後ろから女性ランナーさんが良いペースで抜かしていきます。
ナイスラン!と声をかけます。

やっと、左前方に赤いチカチカが見えてきた。
着きましたよ!と二人で道路を渡る。

◆24:14 (目標 22:30) CP7 ロックガーデンカフェ 113.2km地点到着 関門時間 27:00

ここは、女将さんがいる美女エイド。
逆光で女将さんが真っ黒m(__)m
画像


かなり遅れてしまった。
あと、約32qで残り時間4時間46分。
かなり頑張らないと、時間内完走は難しいかも・・・ヤバいな。

その事をちなつさんに告げる。
今回のコンディションなら、26時間以内の準完走でも凄いですよ!
とフォローするも、ちなつさんは納得して無い感じ。

椅子に座り、私は、梅雑炊をオーダー。
ちなつさんは、確かコーンスープをオーダーしました。
出来上がるのを待っている間、サンドイッチ、梨を食べる。
梨がみずみずしくて美味しい美味しい。
バクバク食べちゃいました。
温かい雑炊もお腹にしみわたる。
トイレも正丸駅で済ませているので、スタッフにお礼を言って早々に出発しました。

高麗川沿いのくねくね道を淡々と走る。
下りの傾斜がほとんどなくなり、緩やかな上りが多くなってきた。
必然的に歩きが多くなります。

こんな寂しい所にも私設エイドを出しくれている方がいました。
ここでは、何を頂いたかな?
コーラだったかな?
真夜中にありがとうございます!とお礼を言って先を急ぎます。

まずは、次のCPである勝蔵寺を目指そう。
焦る気持ちを抑えつつ、今走れるペースでコツコツと進む。
途中で動けなくなっては、準完走も怪しくなってしまうので無理は禁物だ。

似たような景色を進むと、ようやくコンビニが前方に見えてきました。
コンビニ直前でまたまた、つづきのこべさんに追い抜かれる(笑)

飲み物が少なくなってきたので、コンビニに寄りスポドリ1本購入。
ついでにトイレに行って身を軽くする。

ここまで来ると、CP8 勝蔵寺までは約4q。
今までと同じように、走ったり歩いたりを繰り返して淡々と進む。
下りが増えてくると、久保交差点はもうすぐ。
ありました、ありました。
この交差点を左折し、長かったR299に別れを告げる。
あとちょっとで、CP8ですよ!と声をかける。

勝蔵寺までの直線を頑張って走り切りようやく到着。

◆26:35 (目標 25:00) CP8 勝蔵寺 127.6km地点到着 関門時間 30:00

画像


このエイド名物のいくらとろろ丼を二人で頂く。
ん?ちょっと気持ち悪い気がする・・・いやいや気のせい気のせい。
リンゴを食べて気持ち悪いのを誤魔化しました。

ちなつさんのヘッドライトが暗くなってきたので、電池を交換。
その間、再び計算を開始。

CP7ロックガーデンカフェ〜CP8勝蔵寺の区間14.4qに2時間21分かかった。
ゴールまであと、17.4qで残り時間は、2時間25分。
今までのペースではアウトだ!

と思っていたところ、一緒に休憩していたランナーさんの話が聞こえた。
CP1から出会いの丘までバスに乗って移動した時間は競技時間に含まれないですよね。

あっ、そうだ!
完全に忘れていた。
私の場合は、約25分時計が止まっているはず。
ちなつさんにも聞いてみたのですが、正確には分からないとの事。
少なく見積もって約20分として、29:20までに川越に着けば、時間内完走できるぞ。

再び苦手な計算。

17.4kmを2時間45分。
これなら頑張れば、何とかなるかも。
半分あきらめかけていた時間内完走への光が見えてきた。

この事を、ちなつさんに告げると目が輝き始めた。
ここまで痛みに耐え抜き頑張った時間を無駄にしない為に頑張りたい!
自分の足で川越に辿り着きたい!
時間内完走したい!
よし!じゃ、行きましょう!
テンションが上がった私たち二人は、エイドスタッフにお礼を言って早々に出発しました。

はやる気持ちを抑えて、まずは歩き。
休憩で固まった筋肉を温めていきます。

まずは、今までと同様のペースで走ったり、歩いたり。
無理しない程度に頑張る。

この間、後から勝蔵寺を出発したランナーさん達が追い抜いて行く。
その中にはつづきのこべさんもいました。
おつかれさま〜!、ナイスランです!と声をかける。

ゆっくり走っていると、陸橋の上りが見えてきた。
陸橋にさしかかり、少し歩きますか?とちなつさんに聞くと
もうちょっと行きます!
残り約15km地点でスイッチが入った!
じゃ、行きましょう!と上りをすべて走って陸橋を越える。
そのまま下りに突入。

後ろにいるちなつさんの何が何でも時間内完走するぞ!と言う気迫がひしひしと伝わってくる。
その気迫を受けて、じわじわとペースが上がる。

この頃になると、足裏のマメがかなり痛み出してきた。
でも、腰は大丈夫。
ちなつさんも、膝はもちろん、足裏のマメもかなり痛そう。
全身の筋肉が悲鳴を上げているようだ。
それでも、二人ともペースを落とさない。
呼吸が乱れて、息が苦しい。
タイミングを見計らって、少し歩きましょう!と歩きながら呼吸を整える。

呼吸が落ち着いてきたら、再び走り出す。
信号でSTOPすると時間が勿体無いので、前方の信号が青だったら頑張って渡り、渡り切ってから歩く。
赤信号に引っかかりそうだったら、手前で歩いてタイミングを調整。

こんな事を繰り返していると、ずいぶん前に抜かされたランナーさんに追いついた。
お疲れ様です。
頑張りましょう!と追い抜くと、
眠いので後ろに着かせてもらっていいですか?
勿論どうぞ、一緒に時間内完走しましょう!
と言って、一緒に走り出す。

残り10km 時刻は27時42分 時間内完走 29時20分まで あと1時間38分。

さらに、淡々とペースを刻むバドガールさんに追いついた。
追い抜きざま、ちなつさんの合体しましょう!で道連れ決定(笑)
4人で闇夜を大疾走!
すると、4人のゴールしたいオーラの相乗効果でさらにペースが上がる。
瞬間的には、`6分30秒で走っていました。
みんなの呼吸が苦しくなったところで歩きを入れる。
なんか、部活だよね。
全員でうなずく。
それを繰り返すうちに川越が近くなってきた。

残り5q 時刻は28時21分 時間内完走 29時20分まで あと59分。
この5qを39分で走ってきたことになる。
かなり、時間に余裕ができたが、まだまだ安心できない。
そもそも、ちなつさんの止まっていた時間が20分よりもっと短いかもしれないからだ。

関越道を越えてから、さすがにペースが保てなくなってきた。
足裏も痛い。
きっと、みんなもそうだろう。
でも、ペースは落ちたが、走り主体で頑張る。

そういえば、勝蔵寺を出発してから、信号待ち以外、立ち止まって休憩していない。
コンビニにも寄らず一心不乱にがんばってきたのでちょっとお腹が空いてきた。
でも、ここは、我慢だ。

辺りは少しずつ明るくなってきた。
夜明けが近い。
そして、ようやく入間川にかかる初雁橋を渡る。
ここまで来たらあと約3q 時刻は28時38分 時間内完走 29時20分まで 残り時間42分。
よし、もう大丈夫だ!
全員でほっとして、走るペースを落とし歩く時間を長くする。

今成交差点には、早朝にもかかわらず応援してくれる方がいました。
ありがとうございます。

ここまで来ると残り約1q 時刻は28時55分 時間内完走 29時20分まで 残り時間25分。
もう、確実に大丈夫だ!
1歩1歩噛みしめながら歩く。

ちなつさんはすでに半泣き状態。
まだ泣くのは早いよ!
ゴールしてから泣こう!

川越温泉へ曲がる交差点には、誘導スタッフの姿が。
お帰り!の言葉がうれしい。
みんなでただいま〜!と応えながら、最後は走って4人でゴールする事に。

前方にゴールテープが見えた。
ゴールテープの向こうには、SAJの舘山代表の姿が見える。

そして、4人で手をつないでゴール!
と、その前に腕に付けているチップを計測器にかざし時計を止める。
そして、本当にゴール!

◆29:06 (目標 27:40) ゴール 川越温泉 145.0km地点到着 

私、23時間41分。
ちなつさん 23時間44分。

長くて辛い、でも楽しかった旅が終わった。
ちなつさんを時間内完走に導く大役を、無事に果たせて正直ほっとしました。
終わってみれば、私も4年連続4回目の時間内完走。
私が前でペース作って引っ張っていたけど、ちなつさんに後ろから背中を押されて頑張れたと思います。
ちなつさんありがとう!

舘山さんとがっちりと握手。
一緒にゴールしたみんなと握手、握手。

最後にちなつさんと握手。
雁坂峠の下りからゴールの川越まで、一緒に走り・歩いてきた戦友。
時間内完走おめでとう!
永久ゼッケン獲得おめでとう!
あなたのど根性、しっかりと目に焼き付けました。

そして、4人で記念撮影。
画像


記念撮影をした後、余韻に浸る間もなくお風呂に突進。
掃除が始まる6時までには、まだ、40分くらいある。
とりあえず、汗を流すには十分だ。

建物に入る前で、ナイスおっさん!の声に振り向くと、スタートの時にお会いした、ゆきパパさんだ。
ゆきパパさんは残念ながらリタイヤしたとの事でした。
わざわざ声をかけてくれてありがとうございました。

ちゃちゃとお風呂に入って出て来たらちょうど6時。
ギリギリセーフ。
6時過ぎると脱衣所にも入れません。

さて、ちなつさんと乾杯しようと思ったら、売っている缶ビールが最後の1本。
先に乾杯すればよかった。
とりあえず半分づつ飲んで、乾杯はお預け。

ちなつさんと一緒に参加した、お仲間のたかこさんとM木さんと合流。
残念ながらお二人はリタイヤして、夜中に、ここ川越温泉に着いたとの事でした。

小雨が降る中、川越にある居酒屋に移動し軽く打ち上げ。
いやーこんな朝っぱらからやっている居酒屋があるんですね。
びっくりしました。
4人でおつかれさまでした!乾杯!(写真撮るのわすれた〜)
初対面の私を仲間に入れてくれてありがとうございます。
たっぷり生3杯?4杯?飲んでいい気分。

ちなつさんが乗る電車の時間が近くなってきたのでお開きに。
楽しいひと時をありがとうございました。

今回も、至れり尽くせりの各エイドスタッフさんには大変お世話になりました。ありがとうございました。
また、私設エイドも至る所に出していただいて、ありがとうございました。

大会運営でいろいろとあると思いますが、10回完走の証である、オレンジゼッケン目指して来年も参加したいと思います。


P.S
後日、最後一緒に走った男性と女性がFacebookで友達申請してくれました。
過去のお二人の投稿を見てびっくり。

女性の方は、今年の富士山頂往復マラニックもバドガールで完走している N野さんでした。

男性の方は、今年もTJARに出場し、見事完走されているT中さん。なんとTJ戦士ですよ\(◎o◎)/!
ほとんど話していません。知ってればサインもらったのに・・・

ちなつさんは、UTMF完走しているし、トレラン大会で入賞しているし、富士登山競争の頂上コースもあと一歩で完走するような人。

そんな人たちを後ろに従えて、ペース作って走っていたとは・・・


俺様すごいだろ!


・・・スミマセンm(__)m

調子に乗りすぎました。

皆さん体調がイマイチだったんだな。


おしまい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
奮闘記 全編 読了しました。

相変わらず凄まじい。感嘆と感動です。

本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
M泊
2016/10/06 06:43
レポ、熟読させて頂きました!
楽しかった〜!読んでる分には(笑)
ほんとーに濃密でキツく辛く、そして迎えたゴールは最高な瞬間だったんでしょうね!
キツければキツイほど今まで以上の達成感を感じて段々とエスカレートしていってしまうのはランナーの性ですね^^;
完走ほんとーっにおめでとうございました!
さりー
2016/10/06 07:45
>M泊さま
長文・乱文よんでいただきありがとうございました。
今回は、思いがけず2人で走ることになり、いつも以上に大変だったけど、その分、感動も大きく良い経験になりました。
40sおやじ
2016/10/06 09:27
>さりーさま
長文お付き合いいただきありがとうございました。
いつもながら、終わってみれば、楽しかったしか残ってません(笑)
さりーさんご夫妻もエスカレートして来年は是非ご一緒しましょう!
40sおやじ
2016/10/06 09:30
すごいなあ(☆。☆)
ブログタイトル通り、飽くなき挑戦ですね。私はフルマラソン以上の距離を走ったことがないので、実感がなく別世界ですが、いい刺激をいただきました。
湾岸スキーヤー
2016/10/06 12:08
>湾岸スキーヤーさま
ありがとうございます。
最近、同じ大会ばかりで飽くなき挑戦て感じでは・・・
フル以上の大会は、ギスギスして無くて良いですよ。
湾岸スキーヤーさんも、是非、挑戦してみてください!
40sおやじ
2016/10/06 22:59
レポゴール、おめでとうございます。
今年の雁坂は伝説になるほどキツかったと思いますが、その分、記憶にも残る大会になったのではないでしょうか?
かけがえの無い戦友も出来たようですし。
それにしてもバドガールさん
富士山頂往復マラニックで見かけたあの方だったのですね。
pink_man
2016/10/08 04:08
>pink_manさま
ありがとうございます。
私が参加した4回の中では難易度ダントツトップでした。
そのお陰で、友達が増えたので良しとします(^_^)
40sおやじ
2016/10/08 06:07
40sおやじ様

最後の俺様すごいだろ!

すごいんですよ(笑)
少しは自覚して下さい^^

トレランのビッグレースに、そろそろ挑戦されてみてはいかがですか??
山男
2016/10/15 22:04
>山男さま
ありがとうございます。
全然すごくないです・・・

今回の雁坂で、下りが苦手なのが痛いほど分かったので、トレラン大会はまだまだです。
40s
2016/10/16 09:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
第19回雁坂峠越え秩父往還145q走 〜奮闘記 CP6〜ゴール まで〜 40'sおやじの飽くなき挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる