40'sおやじの飽くなき挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS 第19回雁坂峠越え秩父往還145q走 〜奮闘記 CP3〜CP6 まで〜

<<   作成日時 : 2016/10/02 23:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

たっぷり、20分くらい休んだ後、扇屋山荘のスタッフにお礼を言って出発。
すぐ近くにある、トイレに立ち寄りさらにリフレッシュ!
気分一新してリスタートしました。

まずは、傾斜が急な左の旧道を登る。
当然走らずに歩きです。

ちょっと気になるのが右足の甲。
少し痛い気がする。
気のせい?
一応、紐を少しだけ緩めにして様子を見ることに。

大泥んこ祭りで、かなりの体力を消耗した感じがある。
転ばないよう、バランスを保つの為に、変なところに力が入っていたせいだ。
また、腰にも不安があるので、栃本関からの下りは慎重に行くことにします。

栃本関
画像

画像


振り返ってみると、今通ってきたと思われる山々の雄大な自然が広がってます。
画像


栃本関まで上ると後は下り。
まずは当面の目標として、二瀬ダム(秩父湖)まで頑張る。

スタートから約10時間経っていたので、ガーミンをモバイルバッテリーに繋ぎ充電しながら走る。
充電中は心拍が計測できなくなりますが、GPSでの距離計測はできる。

腰と右足甲が不安なので、ストライド狭めでチョコチョコ走り。
雁坂峠の下山で体力を使ったはずだけど、`6分ペースで走れる。
標高が下がってきたのでじわじわと暑くなってきた。

順調に下って二瀬ダムに到着。
すると、後ろから、やっと追いついた!と声をかけられた。
雁坂峠から一緒に下ってきて、先に扇屋山荘を出発した女性ランナーさんだ。
どうして後ろから?と聞くと、
トイレに寄り、洗ったり、着替えたりしていた。との事。

今日が初対面ですが、あの過酷な峠の下りを泥んこになりながら、一緒に頑張って乗り越えてきたので、もはや戦友です。
じゃ、一緒に行きますか?
と声をかけてゆっくり走り出す。
けして、ナンパではないですよ(笑)

この女性ランナーさん、普段は、トレイルランやロードバイクやっているらしい。
また、この時点では知らなかったのですが、UTMFを完走している、憧れの100マイラーさんです。
お名前は、“ちなつ”さん。
時間内完走できますかね?と心配しているので、まだまだ大丈夫ですよ!
と安心させる。

とは言え、まだまだゴールをイメージするのは困難な距離。
まずは、約8q先の去年までCP4だった、大達原バス停を目指すことにします。

ちなつさんは、雁坂の下りで足を軽く捻挫したみたい。
しかも、膝も痛いらしい。
24時間以内の時間内完走には不安要素です。
私もちなつさん同様、爆弾を抱えているので、これ以上悪化しないようにペース配分には気を付けないと。
責任重大だ。

この区間は、歩道が無く路側帯も狭い。
にもかかわらず交通量が多いので、車に気を付けて一列になって淡々と進む。

たまに、後ろを振り向いて、ちなつさんの表情を確認。
まだまだ大丈夫そうだ。

似たような山道が続く。
このカーブを抜けたら着くかな?
次のカーブかな?
を十数回と繰り返しようやく大達原バス停のトイレ到着。
トイレに寄ってリフレッシュ。
ガーミンの充電も完了しました。

私はお腹が空いたので、持っていたカレーパンを食べる。
ちなつさんにも勧めたけど、大丈夫です!と断られました(笑)

次の目標は、約4q先に変更になった、今年のCP4 秩父鉄道三峰口駅だ。
曲がるところを間違えないようにしないと。

歩きながら、これからの作戦を大雑把に話す。

・ここからCP5の熊木商店までは、緩やかに下っているので、ゆっくりでもいいからなるべく走る。
・CP5熊木商店〜CP6正丸峠下までは上りが続くので、走ったり歩いたりを繰り返して何とか凌ぐ。
・CP6正丸峠下〜正丸峠までは約2qは上りなのですべて歩いて体力温存。
・正丸峠〜CP7ロックガーデンカフェまでは下りなので、ゆっくりでもいいからなるべく走る。
・CP7ロックガーデンカフェ〜CP8勝蔵寺までは、下り基調だけど、緩やかなアップダウンがあるので、残った体力と相談しつつ、走ったり歩いたり。
・CP8勝蔵寺〜ゴール地点の川越温泉は、ほぼ平坦。歩いたり走ったりを繰り返しラストスパート!

とりあえず、こんな感じです。
ちなつさんの表情に、?????が見えたので、ゴールではなく、細かく刻んで、次のCP目指して頑張りましょう!
後はその都度アドバイスすることにします。と告げる。

先ほどまでと似たような山道のカーブを越えて行くと、薄暗くなる中ようやく見えてきた三峰口への標識。
道路にも矢印が書いてある。
ここを右折し、荒川を渡ると前方に見えてきました。
秩父鉄道 三峰口駅。
間違えなくてよかった。

◆17:53 (目標 16:40) CP4 三峰口駅 75.6q地点到着 関門時間 21:00 

急な変更にも関わらず、駅の待合室全体を使わせてもらってます。
ありがたい、ありがたい。
画像


このエイドでは、食べ放題だよ!の言葉に甘えて、スイカをたんまり食べました。
何を食べたか思い出せませんが、他にもいろいろと頬張りお腹いっぱいです。
画像


椅子に座ると足が固まってしまうので、この格好で太ももの筋肉を伸ばしているそうです。
画像


ポツポツと再び雨が降り始めました。
でも、気温も低くないし、カッパは着ないことに。

辺りは真っ暗になったので、ヘッドライトと背面のチカチカライトを点け、お礼を言ってエイドを後にします。
お腹いっぱいなので、暫く歩く。

すると、後ろから来た車に乗っているご夫婦に声を掛けられました。

お父さん 「どこから来たんですか?」

40sおやじ  「甲府からです。雁坂峠を越えてきました。」

お父さん 「ほ〜!それは凄いですね」
       「で、どこまで行くんですか?」

40sおやじ 「川越です。明日の朝5時までに行きたいんですよ」

お父さん、お母さん 「ひぇぇぇ〜〜〜」 ほぼ絶叫でした(笑)

40sおやじ 「ナイスリアクションありがとうございます。」

こんなやり取りが、疲れている身体に温かく染み渡る。
よし、気持ちもリフレッシュできた。
次の目標は約12q先のCP5旧熊木商店だ!

たまに通る車に気を付けながら、暗い旧道を暫く歩く。
踏切に引っかかり、しばし電車の通過待ち。

電車が通過するのを待ってゆっくり走り出す。
旧道は、細かなアップダウンがある。
この時点では、すでに緩やかな上りでもキツイ。

私が先行してペースを作りますが、上りになるとちなつさんが横に並ぶ。
ちなつさんを見て、トレイルランやロードバイク(特にヒルクライム)をやると、Runの上りが強くなるのを改めて実感しました。
今後は、もっと山走りを取り入れよう!

暫く行くと、元のコースに戻る。
ようやく街中に戻ってきた感じ。
コンビニが出現しましたが、トイレ、補給等何とかなりそうなのでスルー。

秩父の街中に入ってからも、CP5まで結構距離がある。
しかも、歩道に段差も多く、路面の状態が悪いので転ぶリスクが高い。
私の直後を走ると、足元が見えず危ないので2〜3m離れて走るようにアドバイス。

小雨なので、歩行者が少なくて走りやすい。
コンビニ、ファミレス等から出てくる車や、入る車に気を付けながらようやくCP5が信号の向こうに見えた。

◆19:42 (目標 18:30) CP5 旧熊木商店 87.5q地点到着 関門時間 24:00

遅れ時間は1時間ちょっと。
CP4から変わらず。
まだまだ、大丈夫だ。
画像


大急ぎで補給を開始。
何を食べたかよく覚えてません。
胃腸は強い方なので、大丈夫だとは思いますが念のためガスター10を飲む。
ちなつさんも胃腸は強いようですが、一緒に飲んでもらいました。

時間内完走する為には、なるべく走るのは勿論、エイドの休憩を必要最小限にする事が重要。
エイドには魔物が住んでいて、油断しているとあっという間に時間が過ぎていくんですよね。
だらだら、長く居座らないように気を付ける。

ペットボトルに水を補充させてもらい、お礼を言って二人で出発!
やっぱり、最初は歩きです。
上野町交差点を右折。
国道499に入る。

ここから正丸峠までは、再び上りがある区間。
なるべく走って頑張ることを告げゆっくりと走り出す。

この区間の最後のコンビニの一つ手前のコンビニでトイレタイム。
ついでに、レッドブルに翼を授けてもらう。

上りばっかり、と思っていたこの区間、実際は芦ヶ久保までは下りもあったり。
4回目なのに記憶が曖昧でした。

順調に進み芦ヶ久保で再びトイレタイム。
ちょっとづつ気温が下がってきたからかな?
トイレが近い。

リフレッシュしたので、正丸トンネルを目指して走ったり歩いたり。
真っ暗な中、次の街灯まで走りましょう!を繰り返す。

この辺で、「ナイスおっさん!」と声を掛けられた。
ありがとうございます。と振り向くと、つづきのこべさんでした。
つづきのこべさん達とは、走るペースと歩くタイミングが微妙に違うので、抜きつ抜かれつを繰り返してました。

何とか、正丸トンネルに到着。
トンネル前を右折し正丸峠方面へ向かいます。
ここから、正真正銘の真っ暗区間。

気温がだんだん下がってきて吐く息が白くちょっと寒い。
しかも雨が降っているし、辺りはだんだん霧で真っ白になってきました。
そんな状況もあり、この区間は、ちなつさんの気持ちがいっぱいいっぱいになっていた区間です。
色々とネガティブな思考が頭の中をぐるぐる回っていたみたい。

肉体的な疲れや痛みもネガティブ思考の原因だと思い、予定よりちょっと早いですが、ここからCP6正丸峠下まではすべて歩くことにしました。
そして、冗談言ったり、時間内完走してビールで乾杯しましょう!とかポジティブなイメージを植え付ける。

完全に歩くと、距離が進まなくなるなぁ。
でも、今は気持ちを上げる事が一番大切なはず。
そんな中、頑張って歩いて、ようやく前方に赤いチカチカが見えてきました。

◆22:18 (目標 20:50) CP6 正丸峠下 102.3q地点到着 関門時間 27:30

二人ともシーフードのカップラーメンをオーダーし、待っている間、足の裏や指にワセリンを塗る。
ちなつさんも、ここまでの走行で足の裏がふやけて、かなり痛いみたいなのでワセリンを塗ってもらう。
また、太もも、脹脛の筋肉が固まっている感じがするとの事なので、持っていたサロメチールも塗ってもらう。
気温も低いので、アームウォーマーを装着。
雨はそれほど強くないので、カッパは着ないことに。

つづきのこべさん達が無事に到着。
画像


私は、カップラーメンのスープまで飲み干して完食。
ちなつさんは、半分ほどしか食べられませんでした。
エネルギー切れがちょっと心配。
でも、フルーツポンチを食べてるから何とかなるかな?
画像


そろそろ行きますか?
どちらからともなく席を立つ。

スタッフにお礼を言って、真っ暗闇の正丸峠に挑みます。
勿論、戦力的にすべて歩きです。

あと43q 約フルマラソン1本分。
24時間以内完走まで残り 6時間42分。

やれるか?
いや、やるしかない!


つづく。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これだけやってきてあと残りフルマラソンの距離を7時間弱って…
決して余裕のある時間じゃないですよね〜
ちなつさんは40sおやじさんとご一緒できて凄く心強かったでしょうね!
それにしてもUTMFの女性の完走者だなんて…
隣を見れば変態揃いの恐ろしい世界ですね^^;
さりー
2016/10/03 19:50
>さりーさま
そうなんですよ。ほんとギリギリ。
制限時間に追われる展開は心臓に悪すぎます。
ちなつさんは、かなりの○態ですが、さりーさんも、十分○態だと思います・・・(笑)

ラスト、更に凄い人と知り合えました。
乞うご期待!
40sおやじ
2016/10/03 23:03
>お父さん、お母さん 「ひぇぇぇ〜〜〜」 ほぼ絶叫でした(笑)

ワロタ。みちのく津軽でも同じような体験が有りました。
ラスト、凄い人!興味津々です。
pink_man
2016/10/03 23:43
>pink_manさま
悲鳴のような絶叫は初めてでした(笑)

続きは今しばらくお待ちくださいm(_ _)m
そんなに期待しないでね!
40sおやじ
2016/10/04 08:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
第19回雁坂峠越え秩父往還145q走 〜奮闘記 CP3〜CP6 まで〜 40'sおやじの飽くなき挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる